エステではLパーツという表現が多い

エステサロンでは、脱毛の施術を行う部分をLパーツと表現することが多いです。
脱毛の施術を行う部分は、SMLのパーツに分けられていることが多いです。
このSMLは、脱毛部位の大きさになります。
Sはスモールの略です。
手足の甲や乳首周り、へそ周りなど、脱毛範囲が狭い部分になります。
Mはミディアムの略です。
襟足や膝、肘上や肘下などそれほど狭くなく、広くもない部分になります。
                                                                                     

そして、Lパーツは、ラージの略になります。
膝上や膝下、お腹、背中、顔、胸、など比較的脱毛範囲が広い部分になります。
このパーツ選んで施術を受ける人が多いと言われています。
このパーツは、広い部分の施術なので、他の部分の施術よりも施術に時間がかかる場合があります。
また、背中など範囲が広い部分は、2回に分けて施術を行うサロンもあるようです。
気になる人は、事前にどれくらいの時間がかかるのか確認しておくと良いようです。
サロンで脱毛の施術を受けるときは、希望する部位だけ脱毛の施術を受ける人もいますが、1つの部位だけの施術を受けるよりも、パーツ全ての施術を受けたほうが料金が安くなる場合もあるので、施術を受ける部位を選ぶときは、料金もよく比較をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。