背中脱毛の留意点

背中脱毛を自宅で行う場合には、カミソリや家庭用の光脱毛器、電気シェーバーを使ったシェービングなどがあります。ただし、自分では手が届かないため、家で行う場合には家族などの協力が必要となります。自己処理を行う際の留意点としては、脱毛後のアフターケアをしっかりと行うことです。背中は比較的皮脂腺が多い部位でもありますが、汗をかいても手が届かず拭けないため、ニキビが出来やすい部位でもあります。そのため、家庭で処理をした場合は、アフターケアとして保湿と毛穴の引き締めを行い、その後を清潔に保つことが大切です。
                                                                                   

サロンなどで背中を脱毛する場合には、背中は範囲が広くなるため、価格設定が他の部位に比べると比較的高くなっていたり、背中の上・下で部位設定が行われていることもあります。
脱毛前後の留意点としては、背中を洗う際には、ゴシゴシとこするように洗うと肌を傷つけてしまい、痛みをより感じたり赤みが出ることもあるため、たっぷりの泡でやさしく洗うことです。また、脱毛後すぐに紫外線を浴びる肌トラブルが起きる可能性もあるため、背中のあいたドレスや水着など背中を露出するイベント直前ではなく、最低でも2週間は余裕も持って脱毛することです。

コメントは受け付けていません。